「かぶら矢」のこと 物事のはじめ・最初の意
 
<< 凪 | main | 飲み物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2007.12.27 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
Hey、ハチ!
   4月23日 (日) 雨のち曇り  Hey、ハチ!
 
 
 
 日置の磯“平八”周辺へ。
 (周辺というより一時は平八に渡ってたのだが
 波が高くなってきたのですぐに引き返した)
 
 平八・滑り岩付近
 
 先端までに数箇所ポイントはあるが…敢えて
 岩場を歩いて10分少々で安宅崎先端へ到着。
 そのまま平八へ渡るかを思案、干潮まで時間があり
 まあ少し他所で竿を出してからと手前で左に逸れて
 低い岩場の「滑り岩(1)」へ入る。
 
 平八・オサンとの水道にあたるところで
 波がなければ満潮時に波を被る程度。
 ただ残念なことに潮は右向きに流れる上りだ。
 (ここは左に流れて欲しかった)
 木っ端グレやエサ取りばかりでダメな様子。
 干潮の底まで時間つぶしに釣って平八(2)へ渡る。
 今日は波が3m→1.5mの予報なので軽く考えていたが
 朝よりもだんだん荒れ始めたのでやむを得ず…退く。
 (殺す気か!雨降るのとはわけが違うっちゅうねん)
 結局、渡って半時間ほどで撤退したことになる orz
 
 今度は困った。
 波が立ってきたので先ほどの「滑り岩」へも行けない。
 しまった、胴長靴にすればよかったと悔やんだが仕方ない。
 “セシマ”ではまだ釣ってるし、泣き言はいえないので(笑
 平八の付け根(3)に腰を据えた。
 ここは波があまりなく釣りやすそうだが、初めてやるので
 とりあえず際狙いで・・・アイタ!!いきなり切られた。
 二度ほどギューン、ブチッ!と切られて三度目はアイゴ。
 あまり大きくないので放り込んだら立て続けにもう1尾。
 その後はハゲ1尾に木っ端多数。
 終いにはアオッタ(アオブダイ)がきて、そこで納竿。
 
 小さい、小さいよ・・・
 
 こんなにウロウロして釣ると気忙しいうえに足にくる。
 今度は腰を据えてやれる場所に、と。
 
 
 
【2006.04.23 Sunday 22:23】 author : へなちょこ(へな・hena)
| - | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
【2007.12.27 Thursday 22:23】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaburaya.jugem.jp/trackback/669
トラックバック
胴長靴
胴長靴のフェルト 胴長靴の底に貼り付けてあった「足型のフェルト」が剥がれてしまい...
| しんごのささやき | 2009/08/29 1:00 PM |